アフィリエイト広告を利用してます

1歳から焼きそばに挑戦!手づかみ食べと我が家のレシピ

手で焼きそばを食べる

こんにちは、sanjipapaです。

1歳になる頃は、手づかみで食べる子、口に運んであげないと食べる子、一生懸命、自分で食べようとしてもなかなかうまく食べれない子と、差が出てくる時期ですね。

また、この時期の味付け、作り方、麺の硬さや大きさなど、大人とは違うため、気を付けなければなりません。

そこで、我が家の1歳の焼きそばを超簡単に作れるレシピを紹介します。

焼きそばの材料(3回分)

  • 中華麺…1袋
  • キャベツ…45g
  • 玉ねぎ…15g
  • ニンジン…15g
  • 薄切り豚肉…15g
  • お湯(中華麺をゆでる用)
  • 焼きそばソース…少々

作り方

  1. 野菜は千切り、豚肉は細切りにします
  2. 中華麺を袋の上から2~3cmになるくらいに包丁で切る
  3. 沸騰したお湯の中に中華麺を入れてさっとゆで湯切りする
  4. フライパンに少量の油を引いて野菜と豚肉を炒める
  5. 野菜と豚肉に火が通ったらゆでた中華麺を入れて焼きそばソースを入れて混ぜる
  6. 完成

15分ほどでできます。

焼きそばは3回分なので、残った分はラップに包んで冷凍します。

次回食べるときに、レンジでチンすればいいので、楽です。

お好みですが、食べる直前に鰹節や青のりをふります。

sanjipapa
sanjipapa

息子に初めて焼きそばを作って食べさせた時の動画をアップしてますので、その時の出来事を良かったら見てくださいね♪

私は普通の一般人です。あくまでも私の個人的な考え、先輩主婦のアドバイスなど、経験をそのまま載せているので参考程度にしてください。

焼きそばを豪快に手づかみでほおばる「1歳」

動画のご視聴お疲れ様です。

まだまだスプーンより、手づかみで食べたい息子です。

しかし、麺は非常に食べさせにくいので、初めての人はかなり苦戦すると思います。

sanjipapa
sanjipapa

麺を短く切ることで食べてくれますが、その分めっちゃバラバラになるのでそこら中、散らかってしまいますので、あらかじめ床にシートを引くことをおすすめします。

また、麺を短くすることによって、手づかみ食べもかなり時間がかかりますが、そこは思い出の時期として成長を見守ってください。

まとめ

1歳の焼きそば

  • スプーンやフォークが使えないうちは焼きそばも手づかみ
  • 中華麺は一度茹でて油抜きをする
  • 焼きそばソースの量は控えめにして薄味にする
  • 作り置きをしておくと便利

いかがでしたか?

作り方は簡単とはいえ、食べやすいように細かく刻んだり油を少なくして、薄味にするなどまだまだ手間はかかり、食べさせるのも時間がかかります。

この時期は、正直な感想、スプーンの使い方を教えてもその日、たまたまできても次の日の子供の頭はリセットするので、ほぼ昨日のことは忘れてしまいます。

しかし、覚えようとする努力はします

できたら褒めてあげることです。

つまり初めてすることは、慣れるまで時間はかかりますが慣れないうちは手づかみで食べをさせてあげて、スプーンやフォークを無理して使う必要もないです。

また、塩分濃度が高く着色料が使われている紅ショウガは胃に負担がかかってしまうため、食べさせないように注意します。

しかし、手づかみで一生懸命考えて食べてる姿ッて可愛いですよね!

作る時間や後片付けは大変ですが、この時期だけしか見られない姿なので、思い出の時期として見守っていきましょうね。

コメント

error: コピーはできません。申し訳ないです。
タイトルとURLをコピーしました