アフィリエイト広告を利用してます

生後9ヶ月の検診に行ってきた!そんなにやることなかったよ

生後9ヶ月の健康診断

こんにちは、sanjipapaです。

生後9ヶ月の検診の内容と目安

  • 体重測定・男の子7160g~10.37kg・女の子6710g~9850g
  • 身長・男の子67.4~76.2㎝・女の子65.5~74.5㎝
  • 頭の大きさを測る
  • 胸の大きさを測る
  • 栄養状態を見る
  • 離乳食の回数
  • 歯の本数チェック

生後9ヶ月の検診の内容はこれだけで、10分程度で終わりました

ちなみに、私が住んでいる地域では集団検診ではなかったため、かかりつけの病院で予約をしてみてもらいました。

※あくまでも私の地域の診断なので、もしかしたら県や地域によってやり方が異なるかもしれないので参考程度にしてください。

サンジ
サンジ

この時点で、身長体重が足りない、離乳食の回数は少ない歯の本数が少ないなど、心配な人は先生が必ず何かしらのアドバイスをしてもらえるので、深く考えないようにしてください。

自分であーだろうこうだろうって、自己判断せず、先生の指示に従えば問題ないです。

その時の動画もアップしていますので良かったら見てください。

私は普通の一般人です。あくまでも私の個人的な考え、かかりつけの先生のアドバイスなど、経験をそのまま載せているので参考程度にしてください。

※コピペ・パクリ・リライト目的の人は⇒こちらを読んでください。

生後9ヶ月の検診の内容

この時は息子は、注射と勘違いしてギャン泣きしました。

服を脱がした後、体重測定をして、身長、頭、胸の大きさを測り、後は先生に体の状態を見てもらって終わりでした。

これといって特別なことはしていません。

息子の生後9ヶ月のデータ

  • 身長…70.2㎝
  • 体重…8690g
  • 頭囲…45㎝
  • 胸囲…46㎝
  • 栄養状態…よし
  • 離乳食の回数…3回
  • 歯…7本

いたって健康でした♪

参考に慣れれば嬉しいです。

後は、とくに注意点とかは言われませんでしたが、ミルクと母乳で育てると、身長や体重の違いも出てくると先生から聞いたので、その説明を少しまとめました。

まとめ

健康診断

ミルクの場合は体重が平均より少し重く、身長は平均よりも小さめです。

母乳の場合はミルクと逆で、身長が平均より高く、体重が平均よりも少なめです。

また、母乳で育てていると9ヶ月ごろから鉄分が不足がちになってきます。

サンジ
サンジ

そのため、今まで母乳のみで育てていた人はミルクを足すように検診のときに言っているそうです。

あくまでも私個人的な考えですが、現時点でうちの子の体重身長が少し不安と思っている人は、特別な病気になってない以上は、そこまで考えなくてもいいと思います。

ついでに1週間後にB型肝炎の予防接種を受けましたので良かったら見てください。

B型肝炎の予防接種「おまけ」

B型肝炎の予防接種の注射は、生後2ヶ月に1回目、生後3ヶ月に2回目、3回目は推奨されているのが生後7、8ヶ月の接種です。

しかし、かかりつけの病院でワクチンの入荷日が決まっているため、病院から接種日を指定され生後9ヶ月に打つことになりました。

注射1本だけなので、5分程度で終わりです。

これといって特別なことはなかったです。

予防接種はいろんな種類があり、ワクチンによって1ヶ月以上、次の予防接種を受けるまで間を開けないといけない場合があります。

そのため、生後2ヶ月からの計画的接種がいいと言われています。

息子も生後2ヶ月から打ち始めました。

予防できることは、打てる時期になったら早めにしたほうがいいですね。

コメント

error: コピーはできません。申し訳ないです。
タイトルとURLをコピーしました