アフィリエイト広告を利用してます

赤ちゃんのおんぶ紐のエルゴはいつから?息子は4ヵ月目からレビュー

エルゴ

こんにちは、sanjipapaです。

おんぶも抱っこできるエルゴは生後1ヶ月から抱っこひもとして使えますが、私はその情報を知らなくて生後4ヶ月から使いました!

また初めて使ったのは昔ながらのおんぶ紐タイプで、慣れるまでめっちゃ大変でした。

古いタイプの抱っこ紐

もっと簡単に抱っこができるものを探していたらエルゴにたどり着きました。

しかしエルゴは簡単ですが、毎回抱っこ、おんぶと設定を変える必要があるので、そこだけは少しめんどくさいです。

私はお出かけするときに、エルゴで抱っこ、料理や洗濯物を干すなどの家事をするときはおんぶ紐を使い分けていました。

ただし、料理作ってる時におんぶしていたのは、生後3ヶ月から6ヶ月ぐらいまででした。

その理由はいわゆる黄昏泣き、お座りができなかった時期にグズることが多かったため、料理中に昔ながらおんぶ紐を使っていました。

サンジ
サンジ

そして結論からお話しますと、エルゴは肩幅が広くて、体全体を均一に負担もかかりにくいので、あった方がめっちゃ楽です!!

おんぶ紐のエルゴを4ヵ月目から使いました

旧おんぶ紐と比べると断然エルゴの抱っこ紐の方が楽です!

両方とも同じ30分おんぶや抱っこしても、やっぱり肩ひもの幅が広いエルゴの方が負担がかかりにくいので楽です。

しかも、慣れてないうちは、ひもで縛るよりカチッと簡単に使えるエルゴの方が楽です。

sanjipapa
sanjipapa

また、紐タイプで慣れてないうちは、何度も縛り直ししてる時にズリ落ちたりもするので、赤ちゃんもイライラして泣いてしまいます(汗)

エルゴの場合は、最初だけ自分の体に調整すればあとはそのままカチッとするだけで簡単なのでおすすめです。

しかし、最初だけは苦戦していました。

でも、何度も使っていくうちに慣れてきて、簡単に装着できるようになりました。

ただ、私の場合は旧おんぶ紐も買ってしまったので使わないともったいないから使い分けています。

それは、エルゴで抱っこに設定して、おんぶに設定することがめんどくさいので、おんぶの時は旧➡オンバックスキャリーおんぶ紐と使い分けています。

おんぶ紐を使うタイミングは、料理中によく泣いてグズグズしているときに、よく使っていました。

今は生後9ヵ月なので、料理中は一人遊びをしていてくれるため料理中におんぶすることはないです。

大きくなった今では洗濯物を干すとき、掃除するときに使うくらいです。

黄昏泣きをしていた生後3ヶ月~6ヶ月ごろは、毎日おんぶしていました(泣)

抱っこ紐のデメリット情報が大げさすぎる!本音をお話します

エルゴデメリット

※私が本気で購入しようか迷ってた時のお話をします。

私もエルゴを購入する前に調べましたが、出てきたタイトルは危険とか窒息する、うっ血して紫色になるとか、書いてあったので本当に不安になりました。

しかも正しい使い方をちょっとでも間違えると、危険とか書いてあったので素人の私にとってそんなもん使いたくないわと、めっちゃ心が沈みました。

正しい、正しいってただ説明書通りの使い方を話してるだけで、内容が薄いのです!

あくまでも私にとって本当に役に立たない記事ばかりでした!

サンジ
サンジ

本当に最近よその記事は、クリックしてもらうためなら危険とか注意とか煽るような記事がいっぱいあって、本気で子育てしてる私個人的には非常に迷惑です。

その他にも腰痛持ちのママやパパは特に注意と書いてあるところもよく見かけますが、抱っこの意味が分かってるのかなって思いました!

抱っこ紐なしはめっちゃ負担かかるよね?

でも、抱っこ紐があると便利だよね?

赤ちゃんの抱っこは5分程度ですか?10分程度ですか?

最低でも30分から1時間以上も抱っこしないといけない時の時間の方が多いのです。

ちなみ、抱っこおんぶは男の私でも1時間が限界です!

しかも私は腰痛持ちですが、それでもやらないといけないのです!

サンジ
サンジ

ちなみに、2時間以上のおんぶは腰痛の人にとってと、書いてあるところもありましたが2時間なんか普通の人は無理ですよ?

しかも2時間以上もおんぶや抱っこすれば腰痛になってない人も腰痛になりますよ?

それこそ、赤ちゃんにも負担がかかるのです。

こんな当たり前のことは誰でもわかってるのです。

ぶっちゃけそんな危険なおんぶ紐、抱っこ紐なら、販売してることがおかしな話だと思います!

ニュースにも出てるはずです。

購入したら説明書をしっかり読んで使えば誰でも分かります

エルゴの説明書

注意点なんか書いてあるんですよ?

もし、万が一に亡くなった後に読む人なんか、いませんよね?

抱っこしたりおんぶしてる時は、誰でも後ろは大丈夫かな?移動するときに手足はぶつからないかな?

ちょっと「キツくないのかな・圧迫してないかなって」頭の中で自動的に危険察知します!

おろすタイミングもどうのこうのと書いてあったけど、降ろすタイミング?

疲れたら降ろす、用事が終わったら降ろす、寝かすときに降ろす、不安がある時にすぐおろすだけ。

こんなことは世の主婦は分かっているんです。

sanjipapa
sanjipapa

こんな不安に煽りまくった記事を読んだ後、私はすごく不安になり購入しようか悩んでましたが、実際に使ってる先輩主婦のアドバイスで購入しましたが、いざ使ってみるとなんてこともなかったです!

分かりにくかったら今の時代、YouTube見て装着の仕方をこまめに教えてくれる動画で覚えるだけです。

私の動画もどんな感じなのかアップしてますので良かったら見てください。

「エルゴと旧抱っこ紐」のまとめ

エルゴのメリット

エルゴベビーの特徴

  • 抱っことおんぶの切り替えがめんどい
  • 説明書通り使えば問題なかった
  • 肩ひもの幅が広いので負担は楽
  • 負担は軽減されるけど長くても1時間が限界
  • 30分から1時間を目安だけど負担は軽い
  • 慣れれば非常に使いやすい
  • 使い始めは装着に時間がかかる
  • ひもで縛るよりカチッとタイプなので楽
  • 高さ長さの設定ができれば後ははめるだけ

おんぶ紐のデメリット

旧おんぶ紐の特徴

  • 慣れるまで超大変だった
  • ひもで縛るので途中下がるとやり直し
  • 力加減が心配になる
  • 高さ長さの調整が難しい
  • おんぶは50分が限界だけど負担もかかった

結局、両方とも慣れるまでは大変ですが、先ほどもお話したように5.6回ぐらい使えば必ず慣れてくるのでそれまでの辛抱です。

人間は、新しことをいきなり今すぐにやれは無理があります。

必ず慣れるので安心してください。

sanjipapa
sanjipapa

またご存じのように、エルゴは決して安くない買い物ですが、それでも0歳から4歳まで使えるので、4年も使えると思えば悪くない買い物だと思います♪

少しでも家事の間の負担を軽減したいと考えているならエルゴはおすすめです。

ただ、エルゴなどブランド品は価格は高いですが、ベビー用品を専門に取り扱う➡ダッドウェイというショップなら定期的に割引キャンペーンも行っているので、ダッドウェイで購入した方がお得ですね!

コメント

error: コピーはできません。申し訳ないです。
タイトルとURLをコピーしました