アフィリエイト広告を利用してます

amazonベビーレジストリのやり方!実際に登録から登録後まで

ベビーレジストリのamazon

こんにちは、sanjipapaです。

ママは現在二人目を妊娠中で6ヶ月目です。

アマゾンのベビーレジストリのやり方を一緒にやってみましょう。

やり方は、そんなに難しくなかったです。

本当に、1分程度あれば簡単に登録できます。

それでは、アマゾンベビーレジストリーのやり方の手順をまとめます。

まずは、➡ベビーレジストリにアクセスします。

ベビーレジストリのやり方この画面になるので、まずは出産予定日を登録します。

ベビーレジストリの登録

次に出産予定日を入力画面が出るので登録するだけです。

ここで、Amazonプライム会員の人は出産予定日を入力するだけですが、会員でない人は、会員登録をして、プライム会員費を払う必要があります。

ちなみに会員費は月額500円、年間払いなら4,900円です。

名前と住所「ギフトの発送先」を入力するだけです。

sanjipapa
sanjipapa

これで登録完了です。

Amazonプライム会員はまだの人はこちらから登録できます➡Amazonプライム会員登録ページ

私はすでに、Amazonプライム会員になってるのでスムーズでした。

ベビーレジストリには、コンプリート割引があって、対象のマタニティ・ベビー用品を20,000円以上購入すると、その後ベビーレジストリでのお買い物が最大2回まで5%OFF、しかもプライム会員は10%OFFになるのでお得ですね!

バナー

ベビーレジストリの登録後

Amazonプライムに入会

私の場合は、すでにAmazonプライムに入会してるので、レ点チェックが付いてますが、あと2ステップで、無料のお試しBoxを受け取ることができます。

  • レジストリから¥700分の商品を購入する
  • レジストリに30個のアイテムを追加する

無料お試しBoxの内容はその時々で変わります。

ベビーレジストリー

実際に30個をレジストリーに追加するとこんな感じです。

正直、登録までは1分で終わりましたが、レジストリー追加するときは色んなアイテムがあって少し時間がかかりました。

ただし、➡Amazonプライムに登録してるので、1分程度でしたが登録してない人はもう少しかかると思います。

出産前に揃えるなら

  • 紙おむつ
  • おしりふき
  • おむつ替えシート
  • オムツ用のごみ箱または消臭袋
  • 哺乳瓶
  • 粉ミルク
  • 哺乳瓶の洗浄用のスポンジ
  • 哺乳瓶用の洗剤
  • 哺乳瓶の消毒の道具
  • 新生児用の肌着
  • ベビーバス
  • 湯温計
  • 温湿度計
  • おくるみ
  • ベビードレス
  • ベビー用の爪切り(ハサミタイプがおすすめ)
  • ベビー用の保湿クリーム
  • ベビー用のシャンプー
  • ベビー用のボディーソープ
  • 綿棒
  • バスタオル
  • ベビー用の布団
  • ベビーカー
  • チャイルドシート
  • ガーゼ
  • 母乳パッド
  • お産パッド
  • 産褥パンツ
  • 骨盤ベルト
  • 腹巻
  • マタニティ用のパジャマ
  • マタニティ用の服(授乳口があるもの)
  • 授乳クッション
  • 抱っこひも
  • くし
  • 体温計

一人目を育てからこそわかった、これだけ赤ちゃんが生まれる前にそろえたほうがいいです。

けっこうたくさんあってびっくりしますよね。

正直、母乳ができるものだと思っていたので、粉ミルクや哺乳瓶は必要最低限しか用意していなかったので、哺乳瓶用の洗剤やスポンジ、消毒液は退院した当日に買いに走った記憶があります。

哺乳瓶はいっぱいあって迷うかもしれませんが、おすすめはママのおっぱいから飲むのと同じ口の動きで飲めます。

母乳との併用がしやすく、スムーズにおっぱい育児をサポートするピジョンの母乳実感の哺乳瓶です。

ほとんど母乳が出ないなんて思いもしなかったので、哺乳瓶は1本しか買っていませんでした。

もし母乳の出が悪いならもう1本買い足したほうがいいです。

sanjipapa
sanjipapa

なぜなら、新生児の時に授乳する回数はミルクなら1日に7~8回、母乳なら多い人だと12回以上だったりします。

哺乳瓶1本だけだとすぐに洗って消毒してととても大変なので、2本はあるといいです。

ベビーレジストリの登録後「3つの条件を満たしたら」

  • Amazonプライムに入会する
  • レジストリから¥700分の商品を購入する
  • レジストリに30個のアイテムを追加する

これらの条件を満たしたら、

1、マタニティ・ベビー用品のサンプルが詰め合わされた出産準備お試しBoxを実質無料で買い物ができます。

ただ、サンプルの内容は変動します。

2、対象のマタニティ・ベビー用品を20,000円以上購入すると、その後ベビーレジストリでの買い物が最大2回まで5%OFF(プライム会員10%OFF)➡詳細はこちら

詳細先にも書いてありますが、出産予定日から365日の期間中に100,000円を上限として、2件の注文に割引が使えます。

割引の対象となった後でも、ベビーレジストリに商品を追加することができます。

バナー

ベビーレジストリの出産準備お試しBoxは在庫があるとは限らない

ベビーレジストリの登録をしたあと、

  • Amazonプライムに入会する
  • レジストリから¥700分の商品を購入する
  • レジストリに30個のアイテムを追加する

上記の3つの条件を満たすと、出産準備お試しBoxを注文することができます。

sanjipapa
sanjipapa

3つの条件をすべてクリアしたので、さっそく注文してみようと思い、出産準備お試しBoxのページへ行ってみたら、在庫切れになっていました。

いつでも注文できるわけではないので、注文ができないようであれば、定期的に確認したほうがいいです。

出産準備お試しBoxが届いた

出産準備お試しBox

先ほどの条件3つをクリアして、出産準備お試しBoxを注文しました。

注文して翌日には届きました

箱に入っていた内容は以下の通りです。

  • 新生児用の紙おむつ
  • Sサイズの紙おむつ
  • 粉ミルク
  • 保湿クリーム
  • 母乳パッド

試供品の紙おむつ

出産準備お試しBoxとうたっているので、このメリーズのファーストプレミアムの紙おむつやグーンの紙おむつ、明治の粉ミルクほほえみキューブ、ピジョンの保湿クリーム、母乳パットの試供品が入っていました。

紙おむつはいろんな種類のものがあるので、初めての出産になる人は実際に使うことで、紙おむつの使い心地が比較しやすいのかなと思いました。

sanjipapa
sanjipapa

私は一人目の子育てをして、紙おむつは決まったものを使っているので、二人目も同じ紙おむつを使う予定です。

まとめ

少し余談になりますが、妊娠から出産準備と退院までのかかった費用はヤバかったです。

正直、ベビー用品をそろえるだけ金額は「141,763円」もかかってしました(汗)

1人目の時にベビーレジストリという、システムを知っていたら利用してました!

しかし、今は二人目の出産予定なので、1人目のおさがりを使いつつ、2人目で足りない物はベビーレジストリを利用しようと思います。

これから出産予定の人は、本当にお金がかかるので、少しでも安く手に入れることをおすすめします!

ただ、買ってほとんど使わなかった物もありました。

あれもこれも欲しい気持ちも分かりますが、一人目の子育てで体験したことを別の記事にまとめてます。

これから初めての出産を控えている人は、よかったら参考にしてみてください。

コメント

error: コピーはできません。申し訳ないです。
タイトルとURLをコピーしました