アフィリエイト広告を利用してます

1歳4ヶ月の子供にあと片付けを教えるコツ

後片付け

こんにちは、sanjipapaです。

まず、子供の片付けと言えば、「しつけ」という言葉を耳にしますが、私は個人的にこの「しつけ」という言葉は嫌いです。

しつけという言葉より、教えてあげるでいいのです。

話は戻りますが、1歳4ヶ月になれば、そろそろ物の出し入れ、変わった物に興味を持つようになります。

しかし、出して出しっぱなしにされたら、部屋もどんどん汚れてしまいますが、こればかりは大人が毎日片づけるしかありません。

褒める

そして、子供に後片付けを教えるコツは、とにかく1度でも元に戻すしぐさをしたら手をパチパチして褒めることが一番効果的でした。

sanjipapa
sanjipapa

そこでまずは、息子と遊んで片づけるまでの動画をアップしてますので、その時の出来事を良かったら見てくださいね♪

私は普通の一般人です。あくまでも私の個人的な考え、先輩主婦のアドバイスなど、経験をそのまま載せているので参考程度にしてください。

1歳4ヶ月の息子とパパの遊び方!物を出してかたづけするまで

動画のご視聴お疲れ様です。

あくまでも息子の成長を元にまとめています。

まず、片づけるようになるまでの最低限の条件は、立って歩く、座ることもできる、物が持てる、投げることができれば、ある程度遊び方も覚えてるので片づけるしぐさまではできると思います。

そして、毎日子供と遊ぶ時間に、必ず遊び終えたら、親が片づけるとこを見せてあげることです。

sanjipapa
sanjipapa

そこで偶然に1回でも、子供が戻したりしたら「パチパチ叩いて褒める」です。

ただこれだけです!

そして、最も効果的なのが一緒に積み木をやるといいです。

積み木遊び

出来れば、積み木の箱にしまうときに、積み木の形に合わせてしまえるようなタイプがいいです。

最初は元に戻すことも遊び感覚ですが、そのうち、これが片づけることにつながります。

実際に息子もコレで覚えることができました。

現実はこれが一番早いと思います。

1歳児に後片付けは無理して教える必要はない

他の記事でよく見かけるのは、まずしつけという言葉!

個人的に、ホント、しつけという言葉は怒り任せに怒って教えるようにも聞こえるので嫌なんです!

皆様はどうですか?そのように囚われませんか?

これが「虐待」にもつながっているような気もします。

虐待など心にもないニュースが最近よく目にしますが、虐待してきた親は決まって「しつけ」といいます。

sanjipapa
sanjipapa

個人的に「しつけ」という、この言葉なんかいらないのです。

そして片づけコツは、おもちゃに目印をつける、フタをしない、片づけ表「しっかりしつけ」をすると書いてありますが、まったくやる必要ないし、神経質になる必要もないです。

まず、おもちゃに目印をつけても、毎日グチャグチャにされるので意味がない、フタをしてしなくても倒されるので意味がない、片づけ表なんか忙しい主婦には、毎日つける余裕な時間なんてないのです。

そして、後片付けのしつけは0歳から成長に合わせて始めていくとよさそうと、書いてありますが、よく見てください、よさそうですよ?

そしてその後、こんな本やアイテムがおススメと書いてありますが、これは実際の写真もなければ経験もしてなく、専門家と名乗るまったく役に立たない記事なのです。

専門家より、近くの児童センターの人のほうが詳しいですよ。

一体何歳の話をしてるのかというと、おそらく書き方から見て3.4歳レベルの書き方なのです。

つまり、想像とどこからかパクリ&リライトだけの記事なので信用しないようにしたほうがいいです。

実際に今、子育てを経験している人が読んだら違和感を感じるはずなので、見ても時間の無駄です。

まとめ

おもちゃの後片付け

しつけという言葉はやめましょう。

しつけと言えば、うまくいかない時に、どこか感情的になりやすくなります。

常に教えてあげよう、一緒に遊んであげようという考えがおススメです。

そして、一番効果があったのは形に合わせてはこの中にしまえる積み木です。

そして、偶然にもしまうことができたら褒めてあげることです。

ただこれだけでいいです。

後は、成長と共に覚えて行くので、そこまであれやってこれやってと神経質にならず、時間にとらわれず、マイペースに過ごしてくださいね。

コメント

error: コピーはできません。申し訳ないです。
タイトルとURLをコピーしました