アフィリエイト広告を利用してます

妊婦が恥骨や股関節が痛くなる原因と対策法

妊婦の股関節痛

こんにちは、sanjipapaです。

嫁は、現在二人目を妊娠中ですが、前回の妊娠中よりも恥骨や股関節が痛いようです。

それは出産を経験していることと、妊婦だから起こるホルモンバランスなどの体の変化によるものが影響してました。

妊婦が恥骨や股関節が痛くなる原因と対策方法をまとめました。

妊婦が恥骨や股関節が痛くなる原因

  • 胎児の体重増加
  • リラキシンの分泌
  • 前回の出産の影響

主にこの3つが考えられます。

それぞれまとめました。

胎児の体重増加

妊娠後期になると、胎児の成長スピードも速くなるため体重の増え方も早くなります。

そのため、胎児の体重が増えた分、妊婦さんにかかる負荷も大きくなります。

リラキシンの分泌

恥骨結合

妊娠するとリラキシンというホルモンが分泌されて、骨盤周りの筋肉やじん帯が緩みます

妊娠週数が進むにつれて徐々に支給が大きくなり骨盤にかかる重みが増えます。

そのため、恥骨結合に大きな負担がかかり、恥骨の痛みの原因になります。

sanjipapa
sanjipapa

嫁も妊娠6ヶ月になったころから、立ち上がるときに足の付け根が痛いというようになりました。

今考えれば、リラキシンの分泌されたから痛みが出てきたのかなと思いました。

前回の出産影響

妊娠が2度目以降の妊婦さんは前回の出産のときに骨盤が開いていて、元に戻りきっていない人もいます。

そのため、骨盤が開いた状態で妊娠しているため、より骨盤が開こうとして痛みがでやすいと言われています。

sanjipapa
sanjipapa

嫁は前回の妊娠中も臨月の時には、恥骨が痛いと言っていました。

今回の妊娠中は、恥骨や股関節が妊娠6ヶ月ごろと早く痛みが出始めました。

妊娠中のママさんの体には個人差はあるものの、つわりがあったり、おなかが張ったり便秘になったりと妊婦あるあるは変わりません。

恥骨や股関節を和らげる対策

  • 骨盤ベルトを使う
  • 横向きに寝る

骨盤ベルトを使う

骨盤ベルト

妊娠中に骨盤ベルトをすることで、大きくなる赤ちゃんの影響で開いてくる骨盤を支えることができます。

sanjipapa
sanjipapa

嫁は、二人目を妊娠中の現在、あまりにも痛いため産婦人科で相談したところ、助産師さんに骨盤ベルトを教えてもらいました。

今では、骨盤ベルトを付けることで、おなかを支えることができ、痛みも軽減されているようです。

ちなみに、嫁が使っている骨盤ベルトはトコちゃんベルトⅡです。

そのため、トイレに行くとき、お風呂の時、寝るとき以外は常に骨盤ベルトをするようにしています。

横向きに寝る

妊娠中は、腰や背中に負担がかかりやすくなるため、仰向けで寝づらくなります。

そのため、左を下にして横向きに寝ると楽になります。

sanjipapa
sanjipapa

嫁も寝るときは、左を下にして抱き枕を股にはさんで横になって寝ています。

嫁は、妊娠後期になって仰向けで寝ると、腰が痛いと言うようになりました。

横向きで寝ると楽になるようです。

まとめ

  • 恥骨や股関節の痛みは個人差あり
  • 痛みを軽減する方法はさまざま
  • あまりにも痛くて我慢できない場合は医師に相談

人によって、恥骨や股関節の痛みに個人差はありますが、我慢できる痛みならケアせずに出産をする人も中にはいます。

しかし、出産を経験している人がまた妊娠すると、恥骨や股関節の痛みは出やすいようです。

嫁は2度の妊娠を経験して、二人目を妊娠しているときのほうが痛いと言っていました。

まだ出産はしてませんが、毎日、骨盤ベルトをして家事をしたり、外出したりしています。

骨盤ベルトをするとおなかが支えられて負担が軽減できるようです。

嫁が使っているトコちゃんベルトⅡは、妊娠中はもちろん産後の開いた骨盤ケアとしても使え、洗濯もできます。

嫁の場合は、出産後も骨盤ベルトが大活躍しそうです。

コメント

error: コピーはできません。申し訳ないです。
タイトルとURLをコピーしました