アフィリエイト広告を利用してます

生後8ヶ月になったらよく頭をぶつけるようになったので緊急対策した

赤ちゃんの頭を打つ

こんにちは、sanjipapaです。

生後8ヵ月になると、ズリバイ、早い子でハイハイ、お座りを覚えます。

私の息子は、この3つを覚えましたが、できるようになったばかりのためバランスが非常に悪く簡単に床に頭をぶつけてしまいます。

ジョイントマットを引いても、ちょっと目を離すとフローリングの方にいき、頭をゴツンします!

そこで、➡ジョイントマットも必要ですが、ゴッツン防止に非常に役に立ったアイテムを紹介します。

それがこの、背中クッションです。

見た目も可愛く、1歳まで大助かりしたお助けアイテムです。

生後8ヶ月の頭をぶつける対策

当たり前ですが、大人がフローリングで頭をぶつけても強烈に痛いです!

サンジ
サンジ

実際に力を抜いて自分でゴツンやりましたが、めっちゃ痛かったです!これ、一歩間違えれば将来大丈夫なのかと思うほどの痛さでした!

当たり前やんと思うかもしれませんが、これが頭の柔らかい赤ちゃんの頭を想像すると、大ダメージなはずです。

赤ちゃんがゴツンした、泣く、「よしよし痛かったね~」ではなく、めっちゃ痛いのです!

そしてよく見落としがちなことが、赤ちゃんは大人と違って転倒するとき自分でブレーキをかけることができません。

当たり前ですがダメージは、落下のスピードが早ければ衝撃も強くなります。

大人の場合は、よっぽどの無茶をしなければとっさいに反射し、手で防いだり何かしら落下スピードを半減させることができます。

もし最近、お座りやズリバイ移動もよくするようになり、頭をゴッチンしはじめたら、すぐに対策をとったほうがいいと思います。

ちなみに私が使ってた背中クッションは、➡赤ちゃん転倒防止リュック「ハチ」です。

ズリバイ姿を見てると、どこから可愛らしいミツバチさんに見えてます。

また、後頭部までしっかりガードもできるので安心でした。

まとめ

赤ちゃんの転倒防止対策

  • 転倒ほぼ防止するので腰から後頭部へのダメージを防ぐ
  • 前からの転倒防げない
  • 左右の転倒は防げない

おでこと左右からの転倒は防ぐことはできませんが、腰から後頭部のダメージはしっかり防ぐことができます。

sanjipapa
sanjipapa

前、左右を防ぐ方法はヘルメットを装着すればいいけど、生後8ヵ月の赤ちゃんに毎日ヘルメットはキツイし嫌がると思います。

てか、生後8ヵ月でヘルメットはないですね。

ここは言い切りますが、ないより絶対にあったほうがいいと思います。

リュックハッチは1,000円前後で値段も安いし、もし頭をぶつけて大きな事故によって将来、後遺症が残ってしまうと考えたらあったほうがいいです。

先ほどお話したように、大人もフローリングに頭がぶつかれば強烈な痛みです!!

ごっつん防止があれば、多少の一人遊びの時もかなり安心できましたよ♪

コメント

error: コピーはできません。申し訳ないです。
タイトルとURLをコピーしました