アフィリエイト広告を利用してます

5月の終わりに生まれた新生児の服の枚数を夏に向けて揃えました

新生児の服

こんにちは、sanjipapaです。

早速ですが、息子は5月24日生まれてから、夏に向けて服を揃えています

たとえば真夏の7月・8月に生まれた場合は、服を買う枚数が少し変わってくるので、あらかじめご了承ください。

ベビー用品がお得の10%OFFで買えるAmazonベビーレジストリもおススメ♪

とくにこれからベビー用品を考えてる妊婦中のママさんは登録をおススメします。

5月の終わりに生まれた新生児の服の枚数は20枚揃えました

新生児の服の枚数

2019年の5月の終わりと言っても、まだまだ肌寒かったです。

そして、赤ちゃんに着せる服は必ず2枚重ねにしています。

大人でいえば、Tシャツに服を着るって感じですね。

赤ちゃんの服のサイズ

服のサイズは、私の息子の生まれたときの約体重は2,536g、身長が47cmだったので、身長50~60cmの服を購入しました。

ちなみにうちの子は、1ヵ月で2,536g→3800gになったので、この服の体重は3~6kgだから、生まれてから3ヵ月くらいは使えると思います。

つまり、私の息子の場合は、5月の終わりに生まれたので8月ごろまで使えます。

※しかし、冬服はまだわからないので、今後追加していきたいと思います。

育児の本

サンジ
サンジ

5ヵ月になれば、約6,000gになると➡はじめての育児の本に書いてあったので参考にしました。

そして、最初は生まれる前に勘を頼りに、5枚だけ揃えました。

しかし出産後、退院してからの10日間は、5枚は実際に全然足りなかったです。

赤ちゃんの服を洗濯

その理由は、ミルクを飲んだらすぐに吐く、男の子だからオムツを変えるときにオシッコが服までかかってしまったり、6月に入ってから首と背中が汗ばむなど1日に多い日では、3回も着替えさせることもありました。

服を替える回数が、どんどん増えてきて、予備の服が足りなくなりました。

大人の場合は、その日1回着替えるだけ、夏はシャツ2.3枚買えるけど、赤ちゃんは体温調整ができないため、予測不能です。

食事の量もトイレの回数も、布団の上でほぼ寝てるから、服を変える回数は大人より多いです。

だから、私は服の枚数は20枚ほどに増やしました。

これだけあれば、真夏でもすぐに変えることもでき、洗濯しても足りない…なんてこともないです。

赤ちゃんの服

私みたいに、服の枚数に悩んでいる人は20枚あった方がいいと思います。

新生児肌着 10枚組 短肌着5枚 長肌着2枚 コンビ肌着3枚 くま柄 うさぎ柄 50-60cm RNB-26 スキップハウス

オススメの服は、コンビ肌着です。

コンビ肌着とは、長肌着と同じくらいの大きさで、夏の暑い時期はこの➡コンビ肌着1枚だけでもOKです。

服以外に必要なものはガーゼハンカチとオムツ替えシート

赤ちゃんのガーゼ

肌着以外に絶対に必要なものは、ガーゼハンカチとオムツ替えシートです。

オムツ替えシートは5枚、ガーゼハンカチは10枚以上はあった方がいいです。

ガーゼは沐浴やミルクを吐いた時に使います。

このガーゼが無いと、沐浴の時に赤ちゃんは不安になり、泣いてしまいます。

サンジ
サンジ

また、ミルクは毎日、何回も吐くためティッシュでは追いつきません。むしろ、ティッシュの無駄遣いになってしまいます。

オムツ替えシートはお出かけするときはもちろん、家でオムツを替える時にも必要です。

オムツを交換しようとしたときに、おしっこをシャーとして、服が汚れてしまった時でも、オムツ替えシートがあれば、下に敷いてある布団が汚れる心配もありません。

また、ミルクを吐いてしまったときにも布団が汚れる心配がないため、寝る時の布団の上にも敷いています。

新生児の服のまとめ

育児にガーゼ

いかがでしたか?

服の枚数や種類は、季節やその時の状況によって変わりますが、まずは生まれる前に10着は揃えておくといいと思います。

しかし、7月に生まれた人は、冬に向けて、15枚ぐらい夏服、5枚くらい寒い季節に向けて揃えてもいいんじゃないかなと思います。

サンジ
サンジ

そして、寒い季節に入ったら少しずつ服をプラスすればいいと思います。私はそのように考えています。

服の枚数は赤ちゃんによって、性別、体重、成長がそれぞれ違うので絶対に枚数通り正確に合わせるの不可能です。

また、赤ちゃんの成長は早いです。

服が足らない時は足すだけ、足りすぎたら周りの人が出産予定ある人に使ってもらえばいいです。

あまり神経質にならず、自分のペースで服を揃えておけばいいと思います。

コメント

error: コピーはできません。申し訳ないです。
タイトルとURLをコピーしました