アフィリエイト広告を利用してます

妊娠から出産準備と退院までのかかった費用はヤバかった!

出産準備箱にしまう

こんにちは、sanjipapaです。

妊娠したら、おめでたいことでありつつ、これから出産準備に向けて、入院費や国からの免除の合計金額など、どれぐらいなのか不安もでてきますよね。

サンジ
サンジ

ママと赤ちゃんは、2019年5月30日退院しました。

そこで、今までかかった金額をまとめて紹介します。

ベビー用品がお得の10%OFFで買える➡Amazonベビーレジストリもおススメ♪

とくにこれからベビー用品を考えてる妊婦中のママさんは登録をおススメします。

出産準備2ヵ月前から1ヵ月間にかかった費用

ベビー服

まず初めに、出産準備2ヵ月前から揃えたモノを紹介します。

  • マタニティーの服…5,937円
  • マタニティ―用のレギンス…198円
  • マタニティ用のブラ…3,800円
  • マタニティ用のパンツ…3,800円
  • 腹帯(妊婦帯)…5,600円
  • ベビーの肌着…2,999円
  • ベビー服…979円
  • ガーゼハンカチ&沐浴布…999円
  • ベビーベッド&敷布団…17,989円
  • ベッドガード…1,699円
  • ハイローベッド…17,799円
  • ベビーカー …19,798円
  • チャイルドシート…9,798円
  • ほ乳瓶…タダ
  • 湯温計…399円
  • ベビー風呂…おさがり
  • キッズハンガー…279円
  • 授乳クッション&抱き枕…2,499円
  • ベビーバケツ5Lサイズ…399円
  • 紙おむつパンパース新生児用…1,049円
  • トードバッグ(ママバッグ)…2,999円
  • アフガン(おくるみ)…2,073円
  • 防水汗取りパッド…999円
  • 短肌着・コンビ肌着のセット…2,398円
  • セレモニードレス…1,979円
  • ガーゼハンカチ…599円
  • 防水シーツ…1,498円
  • お産パッド…799円
  • 母乳パッド…749円
  • ベビー用綿棒…399円
  • 天然カイメン…729円
  • 温湿度計…1,099円
  • 清浄綿…418円
  • リフォームインナーセット…3979円
  • 産褥ショーツ2枚セット…999円
  • 前開きパジャマ…2,479円
  • ゴミ箱オムツ消臭…399円
  • お風呂のおもちゃ…799円
  • メリー…3,999円
  • 入浴剤…1,049円
  • マタニティ用ブラ…999円×2個
  • ガラガラ…599円
  • おしりふきのふた…389円
  • 紙おむつ…1,780円
  • 抱っこひも…3,780円
  • カバーオール×3枚…1,280円
  • 車のマグネット…680円
  • 赤ちゃんのタンス…4,790円

出産準備の2ヵ月前までにかかった合計金額は、141,763円です。

また、出産1ヶ月前となると、いつ出産するかわからない状態です。

つまり、ママみたいに突然の入院もありえます。

トードバックやマタティニーの下着や服は、いつでも出産、入院できるように準備した方がいいです。

【送料無料】【ベルメゾン】 授乳対応マタニティワンピースパジャマ 入院準備 産前 産後 「ネイビー」◆マタニティM〜L◆◇ 妊婦 ママ 妊娠 マタニティ パジャマ ルームウェア マタニティパジャマ マタニティ ワンピ◇

前開きパジャマは3枚買いました。

着替えや自宅に持ち帰って洗濯しなければならないため、最低限の3枚にしました。

こればかりはホント、早めに準備しておけばいいと思ってました(汗)

出産準備から退院までかかった費用の合計金額

帝王切開

出産する際に、出産育児一時金の医療機関直接支払制度というものがあります。

これは何かというと、出産予定の病院が妊婦に代わって出産育児一時金を請求するものです。

2019年5月30日の時点の金額は、42万円です。

もし、出産費用が42万円を超えた場合は、不足額を病院に支払うことになります。

サンジ
サンジ

逆に、出産費用が42万円未満で収まった場合は、差額分をもらうことができます。

また、この出産育児一時金は健康保険はどの種類に加入しているのかによって、請求先が違います。

ママの場合は、国民健康保険のため、住んでいる市役所に請求しました。

出産費用は、病院や出産方法によっても異なります。

ママは、緊急帝王切開による出産でした。

入院期間は1週間で、支払った金額は248,540円でした。

請求金額がわかる前までは、帝王切開だから30万円は超えるだろうな…と思っていましたが、意外と安く済んでよかったです。

その理由は、きっと出産したのが平日の昼間で病院の診療時間内だったこともあり、深夜料金や休日料金の追加がなかったからだと思われます。

サンジ
サンジ

あくまでも予測ですが、自然分娩は約20万円くらいになるかなと思います。

今回の緊急帝王切開に追加で腹帯が1,700円、乳頭保護器のニップルシールドが1,100円、出生証明書が5,400円が含まれています。

さらに、ママが出産した病院では記念のフォト写真のサービスもあって、赤ちゃんと家族の写真をプロのカメラマンに取ってもらいました。

このフォトは、請求金額には入っていませんが、53,460円です。

出産準備から退院までかかった合計金額451,963円です。

サンジ
サンジ

入院の日数や価格は病院によって異なるため、あくまで参考程度にしてください。

国から免除42万円をしないと、100万円は準備しないといけません。

免除しても最低でもすべての金額50万円ほど準備しておけば大丈夫だと思います。

また、先ほどもお話しした緊急時、陣痛など土日の夜になってしまうと金額が上がります。

ママの場合は、たまたま平日の診察の時に、赤ちゃんが危ないという事で即入院したので、金額はそこまでなかったと思います。

こればかりは分かりませんが、平日にタイミングよく生まれたら金額土日よりかは安いはずです。

今回の出産でわかったこと

赤ちゃん

私のアドバイスは、子供を作るなら、しっかり計画的に作った方がいいと思いました。

デキたらできたで、それは幸せですが、たとえば「簡単に俺が見てやるよ」と言う人もいますが、お金はしっかり貯まっているのか?給料は安定しているのか?など、ここをもう一度見直した方がいいと思います。

私は自宅で仕事をしているため問題ないですが、出産後は成長スピードが速いため色々とお金はかかります。

とくに、周りや親の力を借りたくないと言う人は、めっちゃお金はかかります

サンジ
サンジ

分かっていると思いますが、子どもを作るという事は、それなりにお金がかかるという事を心がけた方がいいと思います。

また、無理して自分たちだけでやる必要もないと思います。

自分の親、親戚の人など、おさがりをもらう、新生児の準備するものを買ってもらったりすることもオススメします。

また、今はメルカリなどフリマに、出産に必要なものやベビー用品などが出品されている場合もあります。

コメント

error: コピーはできません。申し訳ないです。
タイトルとURLをコピーしました