アフィリエイト広告を利用してます

生後0ヶ月の赤ちゃんにふかふかベビーバスは使いにくい

ふかふかベビーバス

こんにちは、sanjipapaです。

➡ふかふかベビーバスは、赤ちゃんがずり落ちないように、底にストッパーが付いています。

ネットでは、底のストッパーに赤ちゃんを股がして、ずり落ちないように使いやすいバスと言ってますが、正直な感想、2,500g以下の赤ちゃん、足をバタバタする子には使いにくいと思います。

まずは、ふかふかベビーバスを使った、失敗例から紹介します。

生後0ヶ月の赤ちゃんにふかふかベビーバスは使いにくかった

ふかふかベビーバスが使えない

結論から言うと、2,500g~3,300gの赤ちゃん「男の子」には真ん中のおしりストッパーは使いにくいと思います。

その理由は、退院直後の息子は体重2,530gと小さな体格で、足をバタバタさせたり、ピーンと足を伸ばしたりするから、どうしてもおしりストッパーに引っかけることができなくて使えませんでした。

つまり、あまりにも小さい子、足をバタバタしたりする子は使えないと思います。

これは、赤ちゃんの性格にもよるので参考程度にしてください。

しかし、知り合いの赤ちゃん2,200gで女の子には使いやすかったと言っていました。

ふかふかベビーバスでシャンプーをする

赤ちゃんの体が小さいので、もたれかけても左右に動くので、頭がお湯に浸かってしまいます。

最終的には、おしりストッパーをよけて使う事にしました。

また、風呂場の床べたで座って洗うと、自分のお尻が濡れるため、中腰になって洗うから赤ちゃんを支える両腕をかなり下までさげないといけないので、めっちゃ腰が痛くてやりづらいです。

風呂場を乾かす、あらかじめお尻にタオルを拭くとなると、毎回やるのはしんどいと思いました。

だからと言って、毎日フローリングの上だとお湯を運ぶ捨てる、べちゃべゃになるし、バス風呂を持ち上げて運ぶのもしんどいと思います。

とくに一人は、使い終わったお湯を捨てるは、直接流せる場所で使わないとキツイと思います。

ふかふかベビーバスの使い方を変えてみた

ふかふかベビーバスに準備するもの

準備するものは、ベビーシャンプーとガーゼ2枚、バスタオル、湯温計だけでいいです。

さらに風呂上がりのケアで保湿するベビーローション、汗をかきやすい子はベビーパウダーがあった方がいいですね。

お風呂にお湯を入れる

わが家は、シンクに置いて使おうと思いましたが、入らなかったため、キッチンの作業台の上で赤ちゃんを沐浴することにしました。

ストッパー部分は、へこましました。

多分、使えない子は、へこますように作られていると思います。

サンジ
サンジ

キッチン台なら、そのままお湯を入れれるし、自分と同じ身長なので、立って赤ちゃんをお風呂に入れることができます。

※ただ、家の作りによってキッチンスペースが狭い広いがあるので参考程度にしてください。

1人の場合は、そのとなりにシャンプーやらガーゼ、バスタオルを置いとけばいいです。

終わったらそのままお湯を流しにながせば、いちいち風呂場に持っていかなくてもいいし楽です。

私みたいに腰痛持ちの人は、流しのスペースに余裕があればここで洗うことをおすすめします。

お風呂の温度

温度は、38℃~39℃が目安にしてます。

➡カエルの湯温計は別売りです。

温度計は絶対にあった方が的確だし安心できます!

大人はお湯の熱さはこれくらいでいいだろうと思っても、生まれたての赤ちゃんの肌は弱いのです。

sanjipapa
sanjipapa

お腹にガーゼを乗せる理由は、安心させてお風呂に入れさせるためです。

赤ちゃんによると思いますが、これがないとお風呂に入れた途端、いきなり泣きます。

赤ちゃんの持ち方は、産婦人科でも教えてもらえますが、シャンプーするときは、頭を支えている手で両耳にお湯が入らないようにふさぎます。

できれば、背中まで届けばいいですが、手のひらが小さい人は首から頭で支えるような感じで持てばいいです。

ジタバタするため、最初は大変ですが3回ほどお風呂に入れたら慣れるので大丈夫です。

多少、耳に水が入っても問題ないですよ。

このように、うちの子は一直線に硬直するっていうか、伸びるからおしりストッパーが使えないのです。

どうしても座ってくれません。

赤ちゃんをシャンプーで洗う

少し体を温めたら、まず硬く絞ったガーゼで顔を拭いていきます。

次に赤ちゃん専用の➡ベビーシャンプーで頭をなでるように洗います。

シャンプーは、そのまま中に入ってるお湯を使って落としています。

1人の場合は、これが一番楽です。

頭を洗った、そのまま素手で体全体を洗っていきます。

手やワキ、足、お股、また体のシワになっているところも汚れが溜まっているため、キレイに洗っていき、終わりです。

赤ちゃんがお風呂で暖まる

洗い終わったら、2.3分くらい湯船につかっています。

ちなみにうちの子の場合は、夜入れると、体が温まるせいか、その後ミルク飲ませて寝かしつけると、かなり爆睡してくれますよ。

また、夜は21時以降は入れない方がいいです。

赤ちゃんがお風呂から出る

これでサッパリです。

濡れたままベッドまで持っていくと、床がベタベタになるのでキッチンの上にバスタオルを置いて、赤ちゃんをのせてくるんでから、そのままベッドに移します。

ベットの上には➡赤ちゃん用の防水シートもあった方がいいですよ。

最後に、オムツと服を着させる前にベビーローションをつけて終わりです。

ふかふかベビーバスのまとめ

赤ちゃんの耳掃除

耳に水が入ったなと思ったら、赤ちゃん専用の綿棒でくるくるとってあげればいいですよ。

ふかふかベビーバスの使いにくい時期は以下の通りです。

  • 身長が低い
  • バタバタする
  • ピーンと体を伸ばす

もし、あなたの赤ちゃんがこの項目に当てはまるなら使いにくいかもしれません。

しかし、4000gからは大きくなるので、ストッパー部分はすんなり納まると思うのでその時に使うといいと思います。

また、身長60cmまで使えますよ。

お尻ストッパーが、使いやすい子は以下の通りです。

  • 足が左右に簡単に開く
  • 全身の力を抜く
  • 座ってくれる
  • 身長が多少ある

使いにくい時期は、ストッパー部分はしぼませて使うことをオススメします。

確かに、おしりストッパーにしっかり座ってくれる子は、1人の時はメッチャ楽だと思います。

コメント

error: コピーはできません。申し訳ないです。
タイトルとURLをコピーしました